医者の結婚する年齢は何歳くらいか?

エリートの高給取りの代表としては、医師や弁護士が挙げられますが、弁護士が比較的結婚が早いのに比べて、医師の場合は、インターンの時期からずっと忙しくて晩婚になってしまう人が多いようです。弁護士は、修習生と呼ばれる研修期間の間、比較的時間に余裕があるのですが、医師の研修期間は、夜勤なども多く、非常に多忙なので、結婚相手を見つける時間がありません。研修終了後や専門医取得後などちょっと間のあく時期に結婚する人が多いようです。また、医師になるためには、6年間大学に通学しなければなりません。大学を卒業するのが現役の場合でも24歳で、その後、多忙なインターンの時期があり、医師になってからも、多忙な日々が続くので、30、40歳の中高年での結婚をする医者は多いのです。どんな人でも、ある程度生活が落ち着かないと、人生の大きな節目ともいえる結婚についてゆっくり考える時間を持つことができないため、結婚を考え始めるのが30代半ばを過ぎてからということも普通にあります。基本的に医者は結婚の時期が遅いと思っていた方がいいでしょう。医師は、仕事において、看護師など数多くの女性とともに仕事をしていますが、看護師と結婚する医師はあまりいません。医師同士で結婚する場合の方が圧倒的に多いようです。なかなか出会うチャンスがなく気が付けば30歳40歳になっているようです。


医者と結婚すれば、勝ち組と言われていますがどうなのでしょうか。その事について、ご説明します。確かに医者と結婚すれば、収入が安定していいかもしれませんが医者は仕事が忙しくて中々時間が取る事が難しいと思います。デートする時間や二人で過ごせる時間が少ないと思います。また、結婚すれば子供との時間を作る事が難しいと思います。勤務医は、夜勤の勤務もあります。そのため、中々時間が合わなかったりすれ違いが多いかと思います。また、緊急に連絡が入る事もあります。それは、事故やけがによる救急対応になります。そのため、医師に連絡が入りすぐに病院へ行く必要があります。このように医師は、勤務時間が不安定で、何かあれば病院に向かう必要があります。非常に大変な仕事になるかと思います。医者と結婚したい女性は、たくさんおられると思います。しかし、理想と現実はかけ離れています。医者と結婚したのは、いいが中々二人で過ごす時間がないためすぐに別居や離婚してしまう事もあります。そのため、理解のある女性の方でないと医者との結婚は難しいと思います。このように医者と結婚すれば、勝ち組と言われていますがそうでもありません。きちんと、理解のある男性と結婚するといいかと思います。


医者と結婚生活をおくって、一番のメリットは、自分がちょっと体調が悪いときに、いつでも気軽に医療相談が家でできることかもしれません。しかし、医師はという職業は、非常に過酷で、夜勤などで家を空けることが多く、せっかくの休みの日でも、担当の患者さんの容体が急変したり、万が一のことがあった場合には、病院から呼び出されて出勤しなければならないので、休日の家族サービスは、あまり期待できないと覚悟しておいた方がいいでしょう。お互いに一緒に過ごせる時間を増やしたいと思っていても、結婚後もすれ違いは多くなることが多いようです。ただ、医師と結婚するということは、玉の輿に乗ることだと一般的に思われていますが、経済的に裕福になるのは、患者の多い開業医の家に嫁いだ場合です。勤務医も、一般的なサラリーマンと比較すれば、高給取りだと言えますが、昼夜問わず仕事を抱えており、治療方法も日々変化していき、新薬も次から次へと出てくるので、一生勉強しなければならなくなります。若手の勤務医の頃は、学会の準備にもおわれ、患者への対応にも追われ、勉強するにあたっても参考書代などが高くつくので、世間が思っているほど裕福ではないことを知っておく必要があります。